無垢の家具とは何かを説明します

北欧風や和風モダン、カントリー調やアジアンスタイルなど、現在さまざまなお部屋の内装やインテリアの趣向・ジャンルがあります。これらのスタイルで欠かせない家具・インテリアが、無垢材を使用した家具。お部屋を彩る無垢材の家具は、合板や集成材で作られた家具と比べて、存在感や重厚感はもちろん、素材そのものの温かみや肌触りが段違いです。また、集成材より高価であるものの、頑丈で長きに渡って使用できるため、家族との時間を刻んで、思い出を共有することだってできます。さて、そんなメリットがたくさんある無垢材を用いた家具ですが、一体どういったものかご存知でない方もいらっしゃるかと思います。ここでは、そんな無垢の家具がどんなもので、どういった特徴をもつのか、といったことを解説していきます。

無垢の家具の特徴・無垢ってどんな木材なの?

通常、家具などに用いられる木材としては、合板・集成材などの加工された木材が一般的です。それに対し、高額となってまうため安価な製品には使用されにくい無垢材とは、一本の木から切った、そのままの木材のことを指します。高価ではあるものの、頑丈で、木の温もりの感じられる家具となるのです。無垢材は大きく分けて、硬い広葉樹と柔らかい針葉樹の2種類が存在します。その中でも、広葉樹のブナは硬くて頑丈なので、家具に広く利用されます。メープル材・オーク材はフローリングに、チーク材はひときわ高級木材であるため、一部の高級家具や内装・船などにも使用されます。針葉樹の木材は主に日本家屋向けの製品が多いです。高級木材のヒノキや、フローリング用にスギ、また安価で使用しやすいパイン材なども針葉樹です。

無垢材の耐久性に影響する、塗料の種類

いかに無垢材といえど、木製品です。水がしみ込んだり、傷には弱いため、表面にはコーティングが必要となります。高級家具の中には無塗装の製品もありますが、大抵は塗装が施されています。大きく分けて、ウレタン塗装とオイル塗装の2種類が存在します。ウレタン塗装とは、文字通りウレタン系の塗料を表面に塗って薄い膜を作り、光沢を出して高級感をかもす加工法です。撥水性に富んでいるため、お手入れも楽。飲み物をこぼしても平気なようにテーブルなどに用いられます。一方、天然油脂を用いて塗装したものをオイル塗装といいます。こちらは木の質感を残したまま、傷を目立ちにくくする加工法。イスやデスク、ボードなど、肌が触れる家具で、なおかつ水がこぼれる心配のないものに多く使用されます。

無垢材から削りだしたパーツは日本伝統の木組みの技術などを駆使して、一つ一つ丁寧に製作していきます プロのスタッフによりお部屋の雰囲気やご希望に合わせて、素材選びからサイズ、配置に至るまで空間をコーディネートいたします 無垢材からかすかに漂う香りは、ストレスや不安を和らげる心理的作用のほか、血圧を下げる効果なども認められています 無垢の家具のことならKAGURAへお任せください