オススメの無垢の家具の選び方を紹介します

無垢の家具と言っても、どのような木材を用いて作ったものなのか、ピンと来ないかもしれません。木の家具は、実のところさまざまな「人工的な木材」から作られたものが多く出回っています。しかし、「無垢」は、丸太からそのまま削り出した木材の事を指し、いわば「本物の木の家具」と言えるものです。木が本来持っている深みのある香りを宿したまま、美しい木目を余すところなく味わい尽くせるのが「無垢の家具」の最大の魅力です。もちろん気安く購入できるようなものではありませんが、手間をかければ一生使えるものであり、長く使うほどに色つや、味わいが出てくるので、楽しみは尽きません。知れば知るほど興味が湧くスペシャルな「無垢の家具」。そのメリットや注意点についてご説明します。

無垢の家具はぬくもりや優しさがある

木の家具がほしいと思うとき、一番に思い浮かぶのは「木のぬくもり」という言葉ではないでしょうか。無垢の家具は合板や集成材と違い、一本の木から切りだした木材を使い作られたものなので、もともとの木が持つ質感や香りなどをそのまま感じることができるのです。仕上げもケミカルな塗装などはせず、オイルなどで仕上げれば、体に有害なホルムアルデヒドなどの心配がありません。長く使用できる理由の一つとして、使い続けて傷やへこみなどが出来ても、削り直しをすれば新品同様に蘇るという利点があげられます。こまめに手入れをし、育てるように使っていけば、一生使えるものなのです。ただ、湿気の多い環境で使用したりすると、そりや割れなどが生じることがあります。また、合板家具などに比べ、重量があるという点も欠点だと言えます。

無垢の家具の種類とお手入れの方法

無垢の木材は、木の種類によって風合いが変わります。たとえばナラ(ドングリ。オーク材とも呼ばれます)は曲木加工が可能な粘りのある木材で、木目は虎班と呼ばれる独特な模様が楽しめます。チーク材は高級木材として名高く、繊細で美しい木目が目を惹きます。パイン材はカントリー調の家具でよく使われる明るい色調と節の目立つ素朴な木目が魅力です。無垢の家具は、水を吸うとしみになるので、水気には注意する必要があります。水拭きをした場合は乾拭きもします。また、水が直接かからないよう、物を乗せる際に布を敷いておくなどの工夫が出来るとよいでしょう。使っていくうちにオイル塗装ははげてくるものなので、長く美しさを保つためには、定期的にメンテナンス・キットでお手入れをすることが不可欠です。無垢の家具はある程度の手間がかかるものですが、長く使うほどに愛着がわくものです。長い人生の中で一つは持っておきたいものです。